忍者ブログ
幻の渓流師&レオ(ラブラドール)のたわごと 体力ダウン&メタボで渓流にてあまり見かけなくなってしまい「幻の渓流師」なるニックネーム。その気満々でヤマメ・岩魚をテンカラ中心に渓流釣りを楽しんでおります。愛犬レオとの楽しい日常を自己満足でUPしています。

普段は贅沢なので頂かない酒も年越しと新年は御馳走になります。
だって休みは二日間だけで働き続けてるのですから・・・・・・・(笑)

いつも使っている魚沼の蕎麦です。友人から送っていただいてる粉です。現地の蕎麦屋さんが主に使用している蕎麦粉を頂戴しています。真ん中の写真は高価ですがふのりです。へぎそばに使用します。

蕎麦粉は石臼挽きと製粉機で二種、機械挽きは細かさを#60。

2017年を迎えてまた一年の穏やかである暮らしを思い美味しく頂きました。
そして ぶちたい蕎麦をぶてるように腕を上げたいです。
PR
寒い時期の蕎麦は特に好きです。
この時期の水の温度が低いのでこれが蕎麦に良いと自分は考えています。

時に満足のできる出来です。


解禁際までは良い練習が出来ます。←毛鉤巻きではありません(笑)
新蕎麦が美味しい時期です。
台所の道具で新蕎麦の香り立つとろろ蕎麦を作りましょう。
とろろ芋を擦っておきます。ボールに1人当たり100g~150gの蕎麦粉を入れます。
水は蕎麦粉の半分 粉100gに水50g です。
蕎麦粉全体にまぶすように一気に水を入れて5本指で手早く混ぜていきます。
難しく考えずに手早く混ぜていきます。指にまとわり付きますが気にせず全体がころころの蕎麦粒になるまで一気にまわしていきます。
その後全体を一つにまとめていきます。蕎麦の中の空気を送り出すように丸めて短い麺棒で伸ばします。二人分ぐらいでしたらまな板の上で二枚折に出来ます。打ち粉の代わりはコンスターチを少量、くっつかない程度に使います。
後は菜っ切り包丁で2~3mm程度に切ります。


大鍋に湯を沸かして一回に1人分程度を茹でていきます。崩れやすいので丁寧に湯に入れて40秒少々箸で湯を回しながら、ざるですくって氷水で冷やします。
後は水切りをして器に移します。写真はかなり太目ですのでみなさんはもう一回り細くが良いと思います。
とろろ芋を乗せてネギ、のりとわさび、つゆは市販のそばつゆで良いと思います。
経験が無くても簡単に旬の新蕎麦を美味しく食べられます。

美味しい蕎麦は田舎では手軽に婆ちゃんが作ってくれたものです。
お試しあれ(^^)/
今回も蕎麦ぶちのヒントを頂いての十割り蕎麦を塩で頂きます。
新蕎麦の香りが立ちやはり美味しいのど越しです。
朝一の蕎麦ぶちもしっかりと目に焼き付けました。


一口頂いた次は塩で頂きます。蕎麦の甘みと香りを楽しみます。
右の小鉢はメニュー外のシカ肉の煮込みとジャーキーです。
これが柔らかく美味しかったです。

のどかな佇まいが・・・・・・自分は大好きです。

相棒のレオ蔵です。すっかりくつろいでいます。
美味しいお土産と蕎麦ぶちの助言を頂いての温泉立ち寄り帰宅となりました。

欲しいと思っていたねまがり竹のざるなので気分は上々(^^)

打ち粉が少なかったので節約してぶってみましたが何とかなりますねぇ~
普段はやや使いすぎと言うことになります。
#40の二八で長さが出ると同時にほぼ切れずに上がりました。切り幅をもう少し細くすればよかったようです。注意を怠りました。いいリズムで切る方に神経が行ってしまい真四角にほど遠い。^^;
#80あたりでぶつとどのようになるか少々興味が有ります。星が無くなってしまうのも好みではないので検証してみたいです。


食感は良い感じでした。蕎麦湯のとろみは少なく透明感のある蕎麦湯になってしまいました。
好みはとろみ好きです。今回は蕎麦の自然の繋がりを優先し、こねも最小限で整える程度にまとめましたが良かったです。今後何回かこのぶち方を意識してみたいです。
相変わらず毎度毎度課題が出来てしまって・・・この蕎麦ぶちの深さが魅力です。
家族での紅葉キャンプですが妻と自分とレオ蔵くんの三人のお年寄りです。(笑)
禁酒中もこの期間は勝手に特別解禁期間・・・^^;
早朝から閃きで「いちばん小さいワイナリー」とググってみました。
ヒットした中で再度の閃き、流通は無く地元の方中心に消費されている
「牛奥第一葡萄酒は山梨県甲州市塩山牛奥で葡萄生産者が自前の葡萄を持ち寄り自分の飲み代として造っている葡萄酒だ。
一升瓶葡萄酒は湯飲み茶碗で飲むのが山梨県のおじいちゃん、おばあちゃんの飲み方でしたが最近は若い世代を中心にしゃれたワイングラスで飲む人も増えてきているようだ、仲間と飲み会などに価格も安く、楽しめる一升瓶の葡萄酒が今、注目されている。

牛奥ワインは地元葡萄生産者が共同で作った山梨県のワイナリーの中で一番小さなワイナリーです。
山梨産100%の葡萄生産者の顔が見え、安心して飲めるのも嬉しい葡萄酒です。」

これだぁ!!! 即訪ねると親父さんの案内で予約も無いのに見学と発酵途中のワインなどを試飲・・・
これって贅沢ってことですね。



ブドウの品種配合度合やブドウの種類、発酵の止め方やアルコール度数が通常より少々高く13度の訳などこのワインにまつわるお話を聞かせて頂きました。
当然ですがこの旅の最も嬉しい出会いとおいしさに一升瓶で赤と白の二本を頂き天空のキャンプ地へ・・・
先日の健康診断後の診断医の安心できるお言葉に気を良くして人生好きなように生きろと・・・美味しいお酒におぼれておりましたがなぁ、なぁ、なぁんと!!!
後に届いた健康診断通知書には食道の変形の疑い? 胃の内視鏡検査を受けてくださいとのお知らせ(゜o゜)(笑)
我ながらなすすべ無く笑っちゃいました。
毎年バリュームだったので初めての胃の内視鏡になるかも?^^;
近いうちに主治医さんの診断を聞いて・・・トホホホッ だから病院は苦手、自覚症状は全く無し^^;


昨日の30度越えに蕎麦道具と竹細工の竹を天日干ししました。
湿気の多い日が続きましたのでカビなどが心配でしたのでちょうどいい天気になりました。
今年は良い蕎麦ざるが欲しかったのですがあまり高価なものは手が出ません。
手頃な価格でこれならと数枚購入し軽く手入れをして磨き込み天日干しです。
結局は衝動買いですがね^^;

腕に自信が無いので道具に頼る(笑) まだまだ修行は続く・・・
結局のところひ弱なのが人間。健康診断に合わせて何事も健康と気遣いをし結果良ければすぐさま甘えた日常にのめり込む。←これだから駄目なのでしょうね。(笑)

健康診断の結果ウイスキーを毎日呑むも尿酸値は正常を維持。
しかしながら投薬までには至らないが血糖値がやや高めと血圧がやや高め。
原因は体重の増加とのこと・・・あと4、5キロの減量を指導されました。^^;
帰宅するとまるで解禁状態の日々が続きます。


昨今はバブリーな頃に一本一万円もしていたボトルキープのジョ二赤が999円と・・・いったいあの頃は何だったのか理解が出来ないほどの値下がり。こうなると危険です。
ホワイトホースが898円・・・尿酸値には焼酎かウィスキーとひたすら言い訳を付けてはアルコールに浸っております。(笑)

と言う訳で釣りには行けないが程よい日常でストレスを解消しております。
本来はそれどころではないことも多いのですがこりが2016秋と・・・・・・・(笑)
うどんを捏ねてねかせます。更に捏ねて延ばして切りました。
ねかせる時間を減らしたせいなのか何かちぢれています(笑)

実はこの時点で切り刃の下側の押さえ板がぴったり合ってないために刃にうどんが絡んでいました。トホホホㇹッ
打ち粉を振るも水分量が多いのかさらさらしていませんね。(笑)


食感はまぁまぁですので食べるのが楽しみです。
今日はねぎでは無くパクチを用意しました。うどんなので雰囲気的には太い方が良いと思いますがこれはこれで見た目以上に美味しいですね~(笑)ぺろりとなくなりましたが後日に刃の押さえを調整しました。再チャレンジです。
食後のデザートに中華かりんとうの麻花も作っちゃいました。レシピはネットにいろいろ載ってます。簡単でおススメです。

相棒のレオ蔵くんもガムを美味しそうに食べてます。(^^)/
尿酸値が少々高めということで半年ほど薬をのんでますが痛風の発作経験は有りません。
なんでも二錠の処方を1錠ずつでゆっくり治療中です。
今回は7を少々超えて6台から戻ってしまいました。^^;
夏と言うこともあり先生曰く水分が不足してきているのでこの程度なら薬の量を増やすより水を多く飲んで治しましょうと言うことでクリアー。
幸いぎりぎり程度で特に問題のある数値も無いので様子見。
来月は年1の健康診断で判断し維持しましょうで終了。
水分は重要ですね。

帰宅後早速一杯が二杯と(笑)
酔った勢いでうどんを夕食に・・・

かえしが良い具合になっていますので出汁を取りそばつゆを作りました。カツオベースでまろやかな仕上がりになってきてます。

やや大雑把に仕上がりましたがさっぱりして美味しいです。
休みが無く仕事に忙しくストレスが溜まって沢泊まりが出来ないとどうしてか食べ物へ手が伸びます。(笑)
BGM
心安らぐ「Esperanza」のピアノ曲です。 自分と向き合いたいときに是非再生してください。 安らぎを貴方にお届け出来ると信じております。
テンカラ 釣師の技に会える匠リスト
ブログランキングに登場していない「匠技」は当サイトのリンクをどうぞ
最新コメント
maboroshilogo01

English Version

当ブログはリンク フリーです
テンカラ釣りと蕎麦ぶちの相互link募集
コメントにてご一報をお願います
当ブログ内の上記バナー以外の画像無断転載はご遠慮下さい
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]