忍者ブログ
幻の渓流師&レオ(ラブラドール)のたわごと 体力ダウン&メタボで渓流にてあまり見かけなくなってしまい「幻の渓流師」なるニックネーム。その気満々でヤマメ・岩魚をテンカラ中心に渓流釣りを楽しんでおります。愛犬レオとの楽しい日常を自己満足でUPしています。
2018気が向くに合わせて手巻きを増やしております。
先人の伝承系テンカラ毛鉤は本来現在の道具では無く本来は職漁師が手で巻いていたはず・・・
ならば腕のほどは日々練習の中から生まれ、出来うるものなら職漁師の手巻き毛鉤に少しでも近づくのではと思い年初めの巻き初めから少しづつ巻いております。

もし伝承毛鉤の仕上がりに近づければもっとも感じ取りたい職漁師の思いのほんのカケラでも良いので感じ取ることが出来たら幸せと思います。これもTENKARA釣りの楽しみ方(^^)




時に指が攣ったりしますが慣れればいろいろな種類が巻けます。
知る人のお兄さんなどは手で巻いてると数名の方から聞いたりしてますのでほんの少し前までは実際に多くの人が手巻きしていたのでしょう・・・かね?
目標の完成度はハックルさんの毛鉤に近づければ手巻き伝承毛鉤の到達点、まだまだ遠い道のりですがなかなかたどり着かないからこそ毛鉤巻きの楽しみ。(笑)
PR
自分のテンカラエリアの解禁はまだまだなのですが気分は解禁に向かっています。
いろいろと準備を始めたくなっているのは私だけでは無いようです。(笑)
ブログで見る毛鉤に何気に一本巻いてみました。巻きぞめですかね・・・


気まぐれの巻き初めですがまぁこんな出来なのかなぁ???
我ながら合格としましょう。実は手で巻いた一本が巻き初めなのです。指が攣りましたね(笑) 接着剤は一切使ってない巻きだけで仕上げたものです。幸先の良い一本です。(笑)
そして先日ハックル70さんの仕掛け巻をみて早速4個ほど作りました。仕掛け巻は何種も使用していますが今回のは今年が始めてです。保証付きとなりますので安心して使いたいと思します。


少しづつ準備を整えていきたいです。
雑誌を眺めているうちに以前より途中になっていたキジの羽を切り分けました。
伝承毛鉤を好む自分としてはこの先も巻きたい伝承毛鉤ですが羽の入手も実際は難しいです。
雉は雄と雌の両方を入手しており少しずつ楽しんでおります。
沢に出かける機会が少ない時期は毛鉤巻きが楽しいです。

自分の毛鉤はハックルさんから学ぼうと頑張るもなかなか難しく日々苦戦中です。




伝承毛鉤は和風テンカラに似合うと言う拘りから、巻かなければ上達しませんのでさらなる極みへ^^;

早朝から振り続けるも山女魚一尾が迎えてくれました。厳しい状況(^^)
キャスティングのトレーニング状態のコンディションにマズメ時を向かえ舞い降りました。

まるまるとお腹を膨らませた岩魚です。二投目に一気に流れの中に引きこんでいきました。
堰堤上からのキャストと流れの中へと久しぶりの引きに思わず、よし!!!きたぁ~!!!と口にするもどう取り込むかと必死・・・妙に長く感じる時間にようやく顎が水面に、慎重に上げました。
上顎の理想のヒットに更に気持ちが良い。
28cmの岩魚でした。思わず空を仰ぐ心地り良い時間を味わいました。

水温なのか分かりませんがアタリの少ない一日でした。

甲州黒森毛ばりを試していたのですがどの毛鉤も反応が少なく試釣りの判断が出来ませんでした。次回の楽しみです。

テンカラ岩魚+テンカラ山女魚と満足。山ウドの新芽を少し(^^)
山神様からお手頃の山女魚を数尾頂き記憶に残る釣行になりました。
天ぷら二種盛り、やたら美味しいのは渓流師だけ?^^;
真の手巻→バイスを使用せずに指先で毛鉤を巻きます。
使用する道具はシザースのみです。スレッドと針とハックル他毛鉤材料と現場で巻くことが出来ます。
沢で出会った鳥の落とした羽などコンパクトに巻けます。
ややハックルが少ないですが我ながら指先は器用と感じました。(笑)
念には念をテンカラ仕掛けも再点、検竿先のリリアンに瘤を作らない山女魚さんの「テンカラ竿の2重結び」で仕上げました。
テンカラ竿の2重結び
重量多めの長竿にちょうちん仕掛けという甲州黒森毛ばり。
針先が常に上を向くのがこの特徴。
毛鉤のコピーが有りましたのでチャレンジして巻いてみました。

針のふところから太いハリスが出ている毛鉤です。



ハリスは懐ですから内側と捉えて巻きましたが・・・(これが伝承の甲州黒森毛ばりだと思います)

やや不安な部分もあるので試しに針の外側からハリスを出したものも一本巻きました。
源流用に仕掛けを2セット作り置きして最盛期に備えます。
果たして甲州黒森毛ばりとして針先がいつも上を向き釣果へと繋がるでしょうか???(笑)
胴の素材に見る角度でぎらぎらと色味が変わる物を購入して早速数本巻いてみました。

従来の雉(キジ)2本と胴のカラーを工夫したものの雉(キジ)を2本と通常の毛鉤#14の胴をきらきらにしたもの1本を巻いてみました。

ストロボを使わない写真を下側に掲載しました。
実釣で試すのが楽しみです。右下の青い胴は見る角度で色が変化する素材で写真では分かり難いかも、小さい#14ともう一本は金色の胴で少々期待と違いましたがまぁ良し。他二本は通常のテンカラ毛鉤です。
テンカラ毛鉤は(十色、テンカラー)巻く人で実に個々に違うので最近は一段と楽しいです。
今期にテンカラで試したいマイ毛針を巻いておきました。
先日以来練習していいる雉の雄と雌の毛鉤です。
明日の仕事になぜか寝たくない心境で毛鉤を巻き始めました。
個人的には「テンカラに和風伝承毛鉤」ほぼほぼこの拘りで行く予定ですが練習ではいろいろと巻くこともあります。
ハックルさんの毛鉤が好きで色々と助言を頂戴しての毛鉤巻きです。

キジの雌で貴重な毛鉤です。ストロボをあててるのはピントが良いのですが色目が少し変わります。


ハックル自体はやわらかく水中での姿勢がどうやら釣果に大きく影響する毛鉤です。

羽の付根の仕上がりがやや難あり(笑)ですが試すには良いと載せました。
雄の雉です。雌よりは入手しやすいです。

毛鉤は巻くのも楽しいですし釣る楽しみもあり、とても良いです。

中国古諺より
「一時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。」
「三日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。」
「八日間、幸せになりたかったら豚を殺して食べなさい。」
「永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。」
仲間内ではよく聞くことわざですが頷けるのが笑えます。
これをすべて手に入れた自分は最高の幸せ者でしょうかね???(笑)

判断しにくいのですが雄雉の羽です。




白の沈める毛針です。最初に深場に入れてみたい一本です。
シーズン開始に雉の羽を一生懸命切ってます。(笑)
まぁ!スロースターターの自分は毎度この調子ですけどね・・・(笑)
どうも雌は貴重と言うことで雄中心にカットしています。



なかなか切り終えませんがこれも良しとしましょうって一度に使う訳でもないのですから^^;

ちょこっと巻いてみました。出かけるまで何本か巻いて行きたいと思います。


先日の沢長は材料箱に前回に使用した胴長に用意したかかとのフェルトが有ったので付け加えて更に前回に使用していて感じた事を修正しました。
田植え用の長靴を渓流用に作り替えた関係でゴムが少し薄く、岩とかが長靴のサイドに当たると少し痛いのでサイドに当てゴムを貼り加えました。使用にどの程度耐久性が有るかは使ってみないと分かりませんがサンドペーパーでパンク修理の工程で貼りました。

ブロ友さんのお陰で我ながらしっかりとした感触で完成したと思っています。
どちらも沢入りが楽しみな状況になっています。(笑)
BGM
心安らぐ「Esperanza」のピアノ曲です。 自分と向き合いたいときに是非再生してください。 安らぎを貴方にお届け出来ると信じております。
テンカラ 釣師の技に会える匠リスト
ブログランキングに登場していない「匠技」は当サイトのリンクをどうぞ
最新コメント
maboroshilogo01

English Version

当ブログはリンク フリーです
テンカラ釣りと蕎麦ぶちの相互link募集
コメントにてご一報をお願います
当ブログ内の上記バナー以外の画像無断転載はご遠慮下さい
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]