忍者ブログ
幻の渓流師&レオ(ラブラドール)のたわごと 体力ダウン&メタボで渓流にてあまり見かけなくなってしまい「幻の渓流師」なるニックネーム。その気満々でヤマメ・岩魚&テンカラと渓流釣りを楽しんでおります。愛犬レオとの楽しい日常を自己満足でUPしています。
雌雉の羽は貴重なマテリアルのようで調べても少なく自分が知ったのは「ハックルさんのブログ  釣り好き老人の日々」からでした釣師の中では爺さん毛鉤で呼ばれています。
検索しても同様の姿で巻いているものはほぼ見当たりません。
手に入りにくい羽なればさらに貴重な毛鉤ということで塩尻の釣具屋さんにのみ時に置いてあるらしいです。数が無いからでしょうね。
ラッキーなことに縁あってブロ友さんでもあるハックルさんに指導いただき巻くことに努力をしております。「ゴールは遠いのではありますが・・・いつかは・・・(笑)」

そのご縁なのか雌雉の羽が我が手元に舞い降りました。
先日のブログコメントに触発されて早速チャレンジ・・・あくまでチャレンジと気持ち優先ということで(笑)




なんとか3本ほど頑張ってみました。胴もハックルのバランスも満足できませんが少しづつ丁寧に練習して沈める毛針も挑んでみたいです。

ついでにいつものも何本かいてみましたがぁ悪い癖のメタボが見え隠れしています。(笑)

グリズリーにビーズで沈める一本も試してみました。
春まではこのような楽しみが有る事に感謝します。忙しい日常の癒しがテンカラ毛鉤(笑)
PR


雉の毛鉤は憧れの一本・・・毛鉤が居る???(笑)


早速雉の毛鉤を巻いてみました。良い感触に見えますが釣果との関係は???

沈める毛鉤も巻いてみました。

ついでに根の部分かと思いますが変木も入手しました。こぶし程の石を巻き込んで育ってます。
良い飾りになりそうです。次のシーズンに向けて楽しめそうです。(笑)
2016年度の渓流は天候に恵まれずに出かけることが少なく終わってしまいました。
回数もさることながら釣果に繋がるための要因は多くあり今期の宿題の一つに毛鉤巻きが有ります。
思えばメタボな毛鉤に始まり今見直すと大笑いしてしまうようなバランスの悪いテンカラ毛鉤を必死に巻いていました。
ブロ友さんの毛鉤に憧れて多くの助言を頂戴し少しづつ改善されて参りました。
しかしながら2017に向けて結果を左右する最も大きい弱点の一つははバランスの良い毛鉤を巻くことです。
そして弱点の克服はもう始まっていると言うことです。いつ学ぶか???今でしょう???
改善の最短を皆様は知っていますでしようか??? バランスの良い毛鉤を巻ければ良いと言うことです。←先生その説明 お見事です!!! (笑)
先日会議で上野に立ち寄った時に衝動的にsunsuiに立ち寄りまたの衝動買いです。

ハックルさんが最近巻いているビーズヘッドです。
自分が気に入っているブロ友のハックルさんの毛鉤を良く参考にさせて頂いてます。
なかなかうまくいきませんがこれがまた深く楽しいのです。
そしてリンク先のテンカラの匠さん達の助言を頂き毛鉤巻きを楽しんでいます。
特にオフシーズンは物づくりが楽しいです。
同じパーツやマテリアルを入手しても当然ですが同じように巻けません。(笑)
センスが問われるのも毛鉤の面白さでしょうか?^^;
そしてこの冬の、来春のための第一歩は テンカラ毛鉤のバランス、イメージトレーニング です。

私の試みはお気に入りのハックル毛鉤をPCの壁紙にして日常に目に焼き付けるということです。
(御許可を頂いてないのですが不都合が有りましたらお知らせください)^^;

来年も目標は マイ伝承毛鉤 です。(笑)

雪国の雪に比べたら大した雪ではないものの関東では交通に支障が出て大騒ぎ。
雪に弱い都心があらわになりました。


色づいていくらもたたずに葉が落ちます。今年は赤が少なく感じていますが白樺たちはいい黄色で秋を感じさせてくれました。小さいですが白樺は森を連想させてくれますのでとても好きです。
新蕎麦が美味しい時期です。
台所の道具で新蕎麦の香り立つとろろ蕎麦を作りましょう。
とろろ芋を擦っておきます。ボールに1人当たり100g~150gの蕎麦粉を入れます。
水は蕎麦粉の半分 粉100gに水50g です。
蕎麦粉全体にまぶすように一気に水を入れて5本指で手早く混ぜていきます。
難しく考えずに手早く混ぜていきます。指にまとわり付きますが気にせず全体がころころの蕎麦粒になるまで一気にまわしていきます。
その後全体を一つにまとめていきます。蕎麦の中の空気を送り出すように丸めて短い麺棒で伸ばします。二人分ぐらいでしたらまな板の上で二枚折に出来ます。打ち粉の代わりはコンスターチを少量、くっつかない程度に使います。
後は菜っ切り包丁で2~3mm程度に切ります。


大鍋に湯を沸かして一回に1人分程度を茹でていきます。崩れやすいので丁寧に湯に入れて40秒少々箸で湯を回しながら、ざるですくって氷水で冷やします。
後は水切りをして器に移します。写真はかなり太目ですのでみなさんはもう一回り細くが良いと思います。
とろろ芋を乗せてネギ、のりとわさび、つゆは市販のそばつゆで良いと思います。
経験が無くても簡単に旬の新蕎麦を美味しく食べられます。

美味しい蕎麦は田舎では手軽に婆ちゃんが作ってくれたものです。
お試しあれ(^^)/
今回も蕎麦ぶちのヒントを頂いての十割り蕎麦を塩で頂きます。
新蕎麦の香りが立ちやはり美味しいのど越しです。
朝一の蕎麦ぶちもしっかりと目に焼き付けました。


一口頂いた次は塩で頂きます。蕎麦の甘みと香りを楽しみます。
右の小鉢はメニュー外のシカ肉の煮込みとジャーキーです。
これが柔らかく美味しかったです。

のどかな佇まいが・・・・・・自分は大好きです。

相棒のレオ蔵です。すっかりくつろいでいます。
美味しいお土産と蕎麦ぶちの助言を頂いての温泉立ち寄り帰宅となりました。

通行車両も無くのんびりと紅葉の終盤を楽しみます。栃木から福島、新潟に掛けてが自分が二十数年間通っている場所です。
もっとも回数が少ないので立ち寄る沢も少ないです。

かわじいのパーキングで早朝のコーヒーと、朝は人影は無くのんびりとコーヒーを味わいます。



もう少しすれば完全に冬の装いとなり雪などが白い景色を飾り始めますね。
春までの間は自分は来ることが無くなります。地元の友人をこの時期に立ち寄り、しばしの別れの挨拶をしてまいりました。本来は冬も素晴らしい場所なのですが最近は来ることが無くなりました。自然豊かな素晴らしいエリアです。蕎麦やお米、ラーメンなどと美味しい物もたくさんあります。
来年も元気に訪ねる事が出来たらと思います。
先日は酔っぱらってコメントなしにUPしてしまい「いいね」を頂いた方々 ごめんなさい^^;

欲しいと思っていたねまがり竹のざるなので気分は上々(^^)

打ち粉が少なかったので節約してぶってみましたが何とかなりますねぇ~
普段はやや使いすぎと言うことになります。
#40の二八で長さが出ると同時にほぼ切れずに上がりました。切り幅をもう少し細くすればよかったようです。注意を怠りました。いいリズムで切る方に神経が行ってしまい真四角にほど遠い。^^;
#80あたりでぶつとどのようになるか少々興味が有ります。星が無くなってしまうのも好みではないので検証してみたいです。


食感は良い感じでした。蕎麦湯のとろみは少なく透明感のある蕎麦湯になってしまいました。
好みはとろみ好きです。今回は蕎麦の自然の繋がりを優先し、こねも最小限で整える程度にまとめましたが良かったです。今後何回かこのぶち方を意識してみたいです。
相変わらず毎度毎度課題が出来てしまって・・・この蕎麦ぶちの深さが魅力です。
ふと聴いてみると詩の良さに今さらながら感動しています。
噛みしめる事多かりし

河島英五:時代おくれ

酒と泪と男と女
今日も思い出を肴に美味しい酒を口に運んでいます。ドクターストップがかかるも是我が人生。
心地よい酔いは心も力強い、人とは弱いものですね。^^;
BGM
心安らぐ「Esperanza」のピアノ曲です。 自分と向き合いたいときに是非再生してください。 安らぎを貴方にお届け出来ると信じております。
テンカラ 釣師の技に会える匠リスト
ブログランキングに登場していない「匠技」は当サイトのリンクをどうぞ
最新コメント
カウンター
maboroshilogo01

English Version

当ブログはリンク フリーです
テンカラ釣りと蕎麦ぶちの相互link募集
コメントにてご一報をお願います
当ブログ内の上記バナー以外の画像無断転載はご遠慮下さい
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]