忍者ブログ
幻の渓流師&レオ(ラブラドール)のたわごと 体力ダウン&メタボで渓流にてあまり見かけなくなってしまい「幻の渓流師」なるニックネーム。その気満々でヤマメ・岩魚をテンカラ中心に渓流釣りを楽しんでおります。愛犬レオとの楽しい日常を自己満足でUPしています。
2月初旬に芽接ぎをした薔薇の現在の様子。
芽接ぎをしてからどのぐらいで芽が出るのかを調べた範囲では3か月ぐらいで芽が出るようなのですが先日一つは芽が膨らみテープがめちゃくちゃ窮屈の様子なので脇を少し切ってあげたら芽が出てきました。これは結構驚きです。植物の力強さを感じます。


他の箇所も蝋を破る様子で膨らんできました。

そして一番育っている芽も一日過ぎただけでこの変化です。
接いだ以外からも芽が出ましたが元のものなので試しに落としています。
その分芽接ぎに栄養が回り育ちが良いはず^^;
春の植物のパワーを再認識します。
頑張ってくれぇよぉ~
PR
ついつい手の届く価格に思わずポチってしまいました。
竹の和竿、渓流の竹竿を手にしたのは初めてです。昔にヘラの和竿を駄目にしてしまったことがあるのですが諦めきれずに購入(笑)
プレミア価格のように高額ではなく庶民的でリズナブルな価格でしたので嬉しいです。眺めるだけですけど・・・^^;
正雲竹の作品で川口和竿職人数人の内のお一人、残念ながら数年前に亡くなったとのことです。
予備の竿先も付属しておりました。


どうもこの歳になると懐かしい品物や古き良き物に魅力を感じます。
当然道具ですから技術の進歩に最新のカーボンなどが良いのかもしれませんが・・・
手にして感じる満足感は一味違います。グラスやカーボンの初期の竿も懐かしい品が何本かあります。結局欲張りなのでしょうね。(笑)

人の手で一本一本作られているのが人を惹きつけるのでしょう。
貧乏性、一尾山女魚を釣りたいし使いたくないし・・・(笑)
2001年車 JB23W-3型 すでに旧車も旧車
最近の車はライトがめちゃ明るくて参ります。
最近は煽りなどもありクラクションを大きく鳴らすことも少なく皆さんが異常運転者に警戒しているのかな???と思う節もあります。
前方からくる車もHi状態のライトにパッシングする人も少なく結果みんながおとなしくせいぜい同じHiですれ違っています。
愛車のように更に暗いハロゲン球のLoは実に寂しいものです。かと言って迷惑な明るさで対抗しようなどとは思わないのですが人並みになりたいと常々思っておりました。それ自体は安全にも貢献するので今たびネットでベストセラー1位のLEDヘッドライトがタイムセールになったので思わずクリックしてしまいました。
HIDシステムは高価でそうしているうちにLEDが高性能かつ低価格となり自分にとっては無駄遣いせずにラッキーと思い購入。交換もインナーファン式(ファンレス?)少し注意すれば簡単にハロゲンと同様に交換が出来ます。
「Autofeel【正規品】 ヘッドライト LED H4 6500K 8000LM DC9V-32V Lumileds社製LEDチップ搭載モデル 5年保証 車検対応」価格は左右で3200円ほどでした。カスタマーレビューも多く評価も良いのである程度は信じられる様子に取り付けてみました。


従来通りハロゲンの球を外しLEDのフランジのような部品を先に取り付けます。
取説は少し足りない部分がありますが付ける前に球とフランジの取付向きやロックする方向など
確認すると簡単です。
LEDの脇に小さな耳のような突起がありますのでセットした状態で下側に来るとHi-Loの切り替えが正常になります。

裏側のコネクターは接続後防水のためテーピングして置き後ろの排熱から配線類を遠ざけました。
 日中の点灯左Lo 右Hi
 夜間の点灯左Lo 右Hi
 夜間の点灯左Lo 右Hi
光軸の調整は本来必要ですがほぼ大丈夫なので様子を見て行います。
レビュー通りとても明るくなりやっと人並みに^^;山ではかなり活躍してくれそうです。
雪の場合はLEDは見づらいようですのでフォグの工夫も課題として残したいです。
明日も安全運転に心がけて参ります。



シーズンオフに冷凍してあった岩魚、山女魚、鮎を甘露煮にしました。
久しぶりの甘露煮です。


好みでやや甘めに作りました。甘露煮は焼いてから煮詰めますので手間はかかります。

右の二皿は鮎で同様に頭から骨まで食べられます。
お世話になっている方にお裾分けして酒のあてに頂きます。
新元号後初の花見に足を延ばしました。

午前中に出かけましたがやや小さめでしたので午後から毎年出かけているところへ^^;


木が大きく花も大きいです。


満開の手前に人も少ない時間とのんびりと過ごせました。

桜はやはり木が大きくスペースが広い場所が良いですね。
土日になるとここも満杯になります。
新元号、令和に相応しく素晴らしい咲きっぷりでした。
少々ずれましたが少し前の春を進む庭です。
木々の力強さや初春の息づかいを残しました。

白のモクレンと牡丹の蕾です。モクレン空には着陸する大型旅客機見ることができます。

牡丹の蕾と白樺の新緑そして薔薇の新芽です。形や色をいろいろと変えて育ちます。
見ているだけで力を我々に与えてくれます。


芽が出てきた挿し木と種類の違う薔薇の新芽です。
最期の一枚はブルーベリーの新芽です。
育て方が下手なのでしょうが二種のブルーベリーを植えているのですが実なりが悪いです。
秋には素晴らしい紅葉を見せてくれます。
渓流に出かけることが出来ないときなどにのんびりと釣りがしたくてタナゴを探していたのですが見つける能力が無いのか・・・タナゴには会えていません。
5.6尾の50センチ前後の鯉が川を遡ったりと泳ぐ姿を見つけました。
今までに見ることが出来たのは鯉と亀だけです。^^;
管轄の河川管理事務所に問い合わせましたら河川際に台などの作り付けの釣り場を作ることをせずに竿で釣る釣りでしたら良いとのことでした。


こんどのんびりと挑戦してみようかと思います。

話は変わるのですが現在利用している忍者ブログの無料スペースが少なくなってきました。
有料にバージョンUPするか引っ越しをするか悩んでいます・・・
お知恵拝借で良い方法のおすすめなど無いでしょうか???
出来れば無料スペースの広いのが良いのですが虫が良すぎますよね(笑)
見よう見真似で薔薇の芽接ぎに挑戦しました。
根は大きく育ちも良いのですが花芽が付かないでいる薔薇があり失敗覚悟で好きなバラの芽接ぎをしてみました。活動が休止している寒い時期に接ぎ木をしました。
方法も正しいのかどうか細部の作業が良いのかどうか分かりませんがまずは挑戦です。

育てたい薔薇の新芽をカッターで切り取り台木に接ぎます。失敗しそうなので数本作りました。



芽は乾燥しないように水につけて接ぎ木テープで巻いておきます。
更に乾燥を防ぐのに蝋を塗ります。これが結構うまくゆきませんがどうにか塗りました。
後は無事に芽が付きオレンジ色の香り良い薔薇に育つか???祈るのみです。(笑)

沢ではすでに三月となり所々解禁と釣果の便り、自分はまだまだ行けてません。
いつになったらいらぬ心配ごとなく趣味に没頭できるのでしょうか???
今日の休みは強風で外に出られませんので去年の梅酒を楽しんでおります。
2キロまでの収穫が無かったのですが二等分して1.8literを2本作りました。
呑まずに保管しておりましたが良いつぶでしたのでまろやかで良い色に仕上がりました。

一人でロックで頂いてますがあっという間に減ってます。かみさんに言い訳できる程度に残しましょう^^;

2019年3月11日東日本大震災から8年

東日本大震災の津波で児童・教職員84人が犠牲となった宮城県石巻市立大川小学校で・・・

毎日新聞
2019/03/07 に公開 より

今年も良い花が付きました。期待するのは虫にやられないように梅の収穫が出来ること(笑)

剪定も丁寧にしましたので蕾も大きいです。
今更なのですが我が家の梅は自家受粉なのかたまたま隣に我が家より高さのある梅の木があるからなのか???(笑)・・・兎に角毎年梅の実は少なからず実っているので幸運なのでしょう!(笑)

話題は変わりますが先日数年がかりで仕上がった渓流タモですが助言などもありどうも眺めていると鹿角との繋ぎにパラコードを使ったのが・・・やはり先輩諸氏の助言も気になり見てて気に入らなく感じるようになりました。^^;
直せないものなら諦めるがこれは直そうと出来る範囲で修正しました。
我ながら手直して良かったと感じております。材料は古い籐籠をばらして使ったのですがもしかすると葦なのか分かりません(笑)
枠の段違いの枝はあえて選んで変化のある曲線と他にない個性が欲しくて仕上げましたから満足しております。
良くなったので良しとしましょう。傷みも考え塗装をしました。素人塗りの漆の艶も深みも回数を塗り重ねたので良いです。鹿角はシンプルに一本の素直なものが良かったとは思います。^^;
頻度が少ない自分には大丈夫かなぁ? これにて一区切りで完成かなぁ~って


ハックルさんはじめご指導いただいた方々に再度感謝いたします。
BGM
心安らぐピアノ曲です。 自分と向き合いたいときに是非再生してください。 安らぎを貴方にお届け出来ると信じております。
テンカラ 釣師の技に会える匠リスト
ブログランキングに登場していない「匠技」は当サイトのリンクをどうぞ
maboroshilogo01

English Version

当ブログはリンク フリーです
テンカラ釣りと蕎麦ぶちの相互link募集
コメントにてご一報をお願います
当ブログ内の上記バナー以外の画像無断転載はご遠慮下さい
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]