忍者ブログ
幻の渓流師&レオ(ラブラドール)のたわごと 体力ダウン&メタボで渓流にてあまり見かけなくなってしまい「幻の渓流師」なるニックネーム。その気満々でヤマメ・岩魚をテンカラ中心に渓流釣りを楽しんでおります。愛犬レオとの楽しい日常を自己満足でUPしています。
渓魚の燻製です。
今回はソミュール液や塩ふりを全くせずに時短燻製です。
味付けの下ごしらえはしません。やや高温で一気に燻製にします。

腹に割り箸を入れて開いた状態にします。

温度は70℃まで上げました。
その後にチーズを燻製にしましたら温度が高すぎてちょつと形が崩れてしまいました。(笑)
もっともこの程度ではチーズの美味しさは変わりません。

味付けの無い分お酒のアテですがマヨネーズにたっぷり七味をふりこれに付けて食べます。
これが結構いけます。お試しの価値あり。下ごしらえを省略しての燻製もススメです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
後から味付け
液に漬け込んで熟成させて燻製もよいですが
速食べる物は後から調味料を加えて食べるのも
一理ありますね、
この手は一度試してみます、
釣りお爺 2017/05/10(Wed)01:10:10 編集
無題
おはようございます。
実に綺麗な燻色です。
口に入れた時の香ばしい香り、美味しそうです。
マンボウ 2017/05/10(Wed)06:50:59 編集
無題
おはようございます。
燻製と言いますとなかなか手間がかかりますがこの方法だと短時間で良いですね、見た目も完ぺきですし、温度調節の出来るスモーカーは良いですね。
ハックル70 2017/05/10(Wed)07:18:12 編集
無題
おはようございます。
かなり飴色に仕上がっていて美味しそうですね♪
私は燻製は作った事なくもっぱら開きの一夜干しのみです(汗)
でもこれなら私にも出来そうですね♪
山女魚 URL 2017/05/10(Wed)09:09:55 編集
釣りお爺さんへ
いつも釣りお爺さんのワイルドな燻製器が羨ましいと思っています。住宅地ですとどうしても制約された形ですので・・・
横着ものでやりたいと思い立つと下味を付けずに燻製にしてズルしてます。
結構手軽で美味しいです。
幻の渓流師 2017/05/11(Thu)12:11:41 編集
マンボウさんへ
手抜きと言えばそうなのですが冷蔵庫のある今は保存食の色が薄くなりましたので香りを味わうのに時短は手軽です。
七味マヨネーズはいけます。^^;
幻の渓流師 2017/05/11(Thu)12:14:40 編集
ハックルさんへ
いつもソミュール液を準備するのがズクがナクテ・・・(笑)
そりゃと始められるのがこの時短燻製です。
でも香りは逆に邪魔が無い分とても香ります。
とても高級感のある味でもありますのでお勧めします。
そうそうコントローラが熱でケースがゆがんでました。アルミの材質に作り替えです。(笑)
幻の渓流師 2017/05/11(Thu)12:19:20 編集
山女魚さんへ
山女魚さんが燻製しない事の方が少々不思議ですね(^^)
一夜干しも美味しそうですね。
時短燻製は家に居る時に仕掛けて眺めていれば終わります。(笑)
熱薫ですから少々雑でも完成します。(^^)/
幻の渓流師 2017/05/11(Thu)12:23:57 編集
焼き枯らし
こんばんは。
塩なしの燻製は作ったことがないです。
むかし山村で保存食として作っていた「焼き枯らし」というのがこんな感じなんでしょうか。
水分がしっかり抜けていて旨味が凝縮されていそうですね。七味マヨネーズは合いそうですね(^_^)
リコプテラ URL 2017/05/11(Thu)23:07:57 編集
リコプテラさんへ
こんばんは
岩魚や山女魚を薪や炭でしっかりと乾燥するまで焼くことは時折行うのですが焼き枯らしと言うことは知りませんでした。^^;
人は生涯学習ですねまた一つ賢くなりました。
香りは燻製ですが七味マヨネーズはとても合いますね。皆さんに好評でした。
幻の渓流師 2017/05/13(Sat)21:58:37 編集
BGM
心安らぐ「Esperanza」のピアノ曲です。 自分と向き合いたいときに是非再生してください。 安らぎを貴方にお届け出来ると信じております。
テンカラ 釣師の技に会える匠リスト
ブログランキングに登場していない「匠技」は当サイトのリンクをどうぞ
最新コメント
maboroshilogo01

English Version

当ブログはリンク フリーです
テンカラ釣りと蕎麦ぶちの相互link募集
コメントにてご一報をお願います
当ブログ内の上記バナー以外の画像無断転載はご遠慮下さい
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]