忍者ブログ
幻の渓流師&レオ(ラブラドール)のたわごと 体力ダウン&メタボで渓流にてあまり見かけなくなってしまい「幻の渓流師」なるニックネーム。その気満々でヤマメ・岩魚をテンカラ中心に渓流釣りを楽しんでおります。愛犬レオとの楽しい日常を自己満足でUPしています。
おおおっっっ!!!実に懐かしい元気な山泊まり釣行のころ(笑)

山で風呂に入ろうなどといつもいつも元気なことを試みていましたね。今はもう駄目です(笑)

流木に石組みをして即席の湯船を作り後はひたすら焚火で湯を沸かして入れるだけ。
やや熱めの状態で入ってちょうどいい冷めたら湯を足す・・・
何が楽しいのか・・・空を眺めて・美味しい魚を食べて酒を呑み・星を眺めて湯に浸かりのんびりと過ごす。
何をしたかったのでしょうかね(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
やってみたいけど
こんばんは。
これは! もの凄くワイルドなことやってたんですね(笑)
これぞ正に野天風呂。楽しそうなので一度やってみたい気もしますが、絶対に人がやってこない場所じゃないと敢行できないですね。
うーん、場所選定に悩む(笑)
リコプテラ URL 2017/02/02(Thu)20:10:28 編集
無題
こんばんは。
自分も、今から思うと〇〇な事を沢山沢山やって来ましたが、これはやった事がありません。
何をしたかったなぞは関係ありません、立派です!
マンボウ 2017/02/03(Fri)00:28:36 編集
無題
おはようございます。
ちょっとこれはと思うくらいの事をやったんですね、今なら通報されるかもしれません、このような思い出は私も沢山ありますが、残念ながらフイルムカメラの時代、写真が無いのが残念です、まだまだお若いですからどんどん活動すると良いですよ、きっと楽しい思い出となりますよ。
ハックル70 2017/02/03(Fri)07:24:05 編集
無題
おはようございます。
いや~露天風呂作って入るのは凄いですね。
私は烏の行水ですからそんな発想が出ませんね(笑)
若い頃は何事にも前向きだったですよね♪
山女魚 URL 2017/02/03(Fri)09:59:22 編集
リコプテラさんへ
これは一度経験することおすすめですね。
天気と相談しての虫の居ない時期が良いですね。
自分の若いころは上流から源流とどちらかと言うとほぼ人とは会いませんね。
入渓点にしるしが付けてあったり付けたりとバッティングはあまり無かったです。
最近は荒れてきていますからロケーションが良くないかもしれませんね。
悩む時代ですね。(^_^;)
幻の渓流師 2017/02/03(Fri)23:21:53 編集
マンボウさんへ
こんばんは
以前は沢入りや渓流釣りも先人から教わったルールが有り今にしてみれば礼儀が有りましたね。ひと沢一組やごみはすべて持ち帰るし沢泊りのたき火跡やテント後も残さずに立ち去ったものです。
現在は餌の空箱や糸、ティッシュetcと子孫に綺麗な自然を残せるのか心配な状況ですね。
あらためて心がけたいです。
若気の至りでしょうかね(笑)
幻の渓流師 2017/02/03(Fri)23:36:41 編集
ハックルさんへ
流石ハックルさんは山人ですね。
そのころはフィルムでしょうから今のように手軽には出来ませんでしたね。
そのような頃はある意味もっと違った楽しみが良い思い出として記憶に有るのでしょうね。
逆に今は憧れます。
通報されないような範囲で参ります。(^_^;)
幻の渓流師 2017/02/03(Fri)23:43:35 編集
山女魚さんへ
こんばんは
最初は行水でして次に長いビニールの筒状の中に入り上からお湯を掛け込んで入浴と称していたのが結局この結果に至りました。(笑)
まるで子供ですね・・・(^^)
幻の渓流師 2017/02/03(Fri)23:46:38 編集
野天風呂
これはこれは素晴らしいアイでアーでしたね
ここまではやりませんでした、
天然温泉が噴き出し、道具も無いのに必死て川原に
風呂を作った事は有りますが今思うと無茶してました
釣お爺 2017/02/04(Sat)11:26:13 編集
釣りお爺さんへ
こんばんは
河原から温泉が出ている場所に行けなかったので作れませんでした。
温泉の出ている渓流は硫黄が強く魚が釣れなかったのです。^^;
結果お泊りでこの風呂となりました(笑)
今となっては良い思い出です。
幻の渓流師 2017/02/04(Sat)21:32:06 編集
BGM
心安らぐ「Esperanza」のピアノ曲です。 自分と向き合いたいときに是非再生してください。 安らぎを貴方にお届け出来ると信じております。
テンカラ 釣師の技に会える匠リスト
ブログランキングに登場していない「匠技」は当サイトのリンクをどうぞ
最新コメント
maboroshilogo01

English Version

当ブログはリンク フリーです
テンカラ釣りと蕎麦ぶちの相互link募集
コメントにてご一報をお願います
当ブログ内の上記バナー以外の画像無断転載はご遠慮下さい
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]