忍者ブログ
幻の渓流師&レオ(ラブラドール)のたわごと 体力ダウン&メタボで渓流にてあまり見かけなくなってしまい「幻の渓流師」愛犬レオとの楽しい日常。レオ蔵君 令和元年6月8日 家族に見守られ穏やかに寝息を止め旅立ちました。15年と5ケ月 レオ蔵 また会おうな!!!
シーズンオフに冷凍してあった岩魚、山女魚、鮎を甘露煮にしました。
久しぶりの甘露煮です。


好みでやや甘めに作りました。甘露煮は焼いてから煮詰めますので手間はかかります。

右の二皿は鮎で同様に頭から骨まで食べられます。
お世話になっている方にお裾分けして酒のあてに頂きます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは
冷凍庫の渓魚を料理するのには一夜干しか甘露煮が1番ですね♪
私は焼かずに番茶で骨を柔らかくしてから味付けして煮詰めます。
やはり甘露煮は頭から食べられるのでご飯のおかずに最適ですよね♪
山女魚 URL 2019/04/09(Tue)22:48:35 編集
無題
おはようございます。
実に上手く煮詰められたじゃないですか。
甘露煮、作っている最初の内は良いんですが、煮詰めの時と引上げ時に、型崩れしてしやすいですね。
マンボウ 2019/04/10(Wed)07:10:05 編集
無題
おはようございます。
料理は全くわかりませんが、魚に付けてあるアン?はなんですか、クルミのようにも見えますが、これで遠藤酒造の渓流で一杯やればい美味しいでしょうね。
ハックル70 2019/04/10(Wed)07:50:18 編集
山女魚さんへ
おはようございます。
作るのは面倒なのですがこの時期に冷凍室ででかい顔をすると肩身が狭いので美味しく頂きます。
「焼かずに番茶で骨を柔らかく」は作り方が分かりませんでした。
何かマニアックな感じで良い、今度載せてください。(^_^)/
頭からは絶対ですね。
幻の渓流師 2019/04/10(Wed)12:08:13 編集
マンボウさんへ
こんにちは
型崩れ、煮詰めている間はしっかり締まっているように見えるのですが流石に最期になると特に自分のようにエラの元を切る捌き方なので頭が落ちたりしますね。(笑)
燻製や甘露煮のときはお腹だけ捌く方が良いのですが習慣でだめですね。^^;
幻の渓流師 2019/04/10(Wed)12:49:45 編集
ハックルさんへ
遠藤酒造の渓流があつたら朝から呑んでしまいそうです。(^_^)/
甘めの味付けが好きな自分は、砂糖のほかに蜂蜜を加えて煮詰めるので艶のある仕上がりになります。
とろみと艶がある煮汁がアンのように見えてす。
適度に転がってるのがクルミです。
太ってしまう訳です(笑)
幻の渓流師 2019/04/10(Wed)12:59:03 編集
クルミ
こんばんは。
美味しそうな甘露煮ですね。
クルミ入りというのは初めてです。香ばしさが加わって日本酒のアテに良さそうですねー。
日持ちもするし、これは喜ばれるでしょう(^_^)
リコプテラ URL 2019/04/10(Wed)22:14:20 編集
リコブテラさんへ
最初覚え始めた頃はクルミを入れるのはなかったのですが佃煮にクルミが入っていて美味しかったから入れたらこれが定番になりました。
皆さんにも好評です。お試しの価値あり
幻の渓流師 2019/04/10(Wed)23:31:00 編集
BGM
心安らぐピアノ曲です。 自分と向き合いたいときに是非再生してください。 安らぎを貴方にお届け出来ると信じております。
テンカラ 釣師の技に会える匠リスト
ブログランキングに登場していない「匠技」は当サイトのリンクをどうぞ
最新コメント
maboroshilogo01

English Version

当ブログはリンク フリーです
テンカラ釣りと蕎麦ぶちの相互link募集
コメントにてご一報をお願います
当ブログ内の上記バナー以外の画像無断転載はご遠慮下さい
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]