忍者ブログ
幻の渓流師&レオ(ラブラドール)のたわごと 体力ダウン&メタボで渓流にてあまり見かけなくなってしまい「幻の渓流師」なるニックネーム。その気満々でヤマメ・岩魚&テンカラと渓流釣りを楽しんでおります。愛犬レオとの楽しい日常を自己満足でUPしています。
毎度のことながら季節の初めに道具の準備は皆様同様に少しづつしております。
今年も出かけるまでにはもう少し先になりますがあちらこちらとブログを眺めては気持ちを昂らせています。
先日はシューズのフェルトも無事に交換は終了とラインのチェックもと釣りの道具箱をかきまわしては準備を楽しんでいます。
当然気が向けばキャスティングの練習・・・・・・・延べ竿のテンカラ・そして二本あるテンカラ竿といろいろな角度と距離からキャスティングの練習。
どうもこれが良くなかったです。腕の未熟さを忘れて「身の丈八分」あれやこれやと読みまわして財布と相談するも当然そのような予算はありません。^^;
ところがどうもこの竿コスパはだいぶいいようなのです。複数の使用記を眺めてなになになに?
これはもしや我輩に良いのではと******* 気が付けばワンクリックしておりました。(笑)
衝動を抑えきれないとはこのことです。
すぐさま竿は手元に届き、しなりの音を楽しんではうっとりと新しい物はいつの日もときめきと共に訪れます。(^^)/~~~~
格安と言っていいこの竿、名前からして笑えるのですが綺麗な作りです。文字の部分も悪くない輪郭で施されています。
私のようにいつ壊すか分からないロケーションにはマッチしている感触で良き相棒としてお付合いいただけたら嬉しいと今シーズでの初釣りに期待しています。
ついでにmy毛針でシャッターをガシャっと三枚の記念写真。(笑)

PR
渓流シューズのフェルト交換を購入店舗に依頼しようと思ったのですが結局コストの節約に自分でやっちゃいました。(^^)/
ブロ友さんやネット先生を参考に自分がやるとこうなりましたぁ~~~


靴底を丁寧に温めてペンチなどで丁寧に古いフェルトを剥がしていきます。下地を強引に傷めないように少しづつ剥がします。ドライヤーよりも自分は付きっきりでファンヒーターを利用これは良いと思いますが溶かしてしまう危険が有るので要注意。

フェルトの型取りを丁寧に取り切り取りをします。左右の形も整えます。小さすぎないように気を付けましょう。多少大きいものなら修正可能です。(笑)

靴底の汚れや古いノリをヤスリデ落とします。電動で自分は行いましたが下地を薄くしないように汚れだけを取り除きます。ここでも削りすぎや変な傾きを作らないように気をつけます。

ブロ友のマンボウさんから助言を頂戴し靴の中にしっかりと新聞紙を詰めておきました。後に靴底を叩くときにとても良いです。ガムテープは上部にだけ貼り止めます。
そして左右出来上がったらフェルトを貼る準備です。
フェルトは接着剤(G17使用)を吸い込んでしまうので二度塗りをします。
最初にへらでフェルトに均一に塗り10分ほど放置しておきます。これは慌てずに説明書の指示通りに行ってください。片足づつ行った方が良いかと思います。

そして靴とフェルトの両方にへらで均一にのりを付けてまた10分ほど放置そしてずれないように張り合わせて加圧してゆきます。

ここでもマンボウさんのアイディアで接着した後の押さえに結束用のビニールラップを使用しました。ここの作業で後に支障が出たのは真ん中の写真に有るようにフェルトにガムテープを貼ってしまったことです。なんと取る時にフェルトからテープが剥がれにくかったです。(笑)
ここではぐるぐる巻きにしてゴムハンマーで叩いて圧力をかけて接着を強くします。
この後の乾燥は24時間以上必ずおいてください。

接着強度は見る限り問題はなさそうです。接着のヘリを剥がれにくいように竹べらの皮の側で押さえつけておきます。反省はフェルトをもっと丁寧に切ればもっときれいということ(笑)
2009年にも「沢長」を作りましたが結構長持ちでしたのでこれも次回貼り替えをしたいと思います。便利に使えるフェルトの長靴です。

これで今年の足元も良い感触で歩けそうです。安全な良いシーズンを過ごしましょう。
そしてマンボウさんの経験に基づいた良い助言に感謝します。

超小型モーターにコンデンサーを取り付けた物です。
コンデンサーに10秒ほど充電して飛ばします。
下記ブロ友さんのページを参考に作りました。
ようこそ!コンデンサープレーンのページへ!
型紙などはブログにもリンクを貼っております。
手軽に作れて想像以上に長く飛びます。材料も安く作れるので作りました。


なにも取り付けてない状態の機体です。

プロペラにモーター、コンデンサーを取り付けました。
スイッチもつける方法が有りますが自分は軽量化のため付けてない物を試しました。
接触抵抗があったりしてスイッチも良いかと思います。

リンク先のブログの動画を掲載しました。詳細は「ようこそ!コンデンサープレーンのページへ!」を参考にしてください。
天気のいい日にみんな揃ってグランドなどで楽しむのも良いですよ!!!
沼のヘリに数人の人が居たのでちょっと立ち寄りました。


白鳥がこちらを見ている、寝てる、見てる?(笑)
慣れている様子でのんびりと過ごしています。

心和む穏やかな陽ざしに一緒に佇んでおりました。
先日は東京ど真ん中で会議&研修です。
毎度ながらの景色に最高の天気と気持ちは会議に有らず。(笑) いつもですがね。

頂き物です。こんなにも味わいと深みのある焼酎は初めて口にしました。
とても強い酒ですがとても割る事が出来ません。
少量口に含み舌の上で転がします。この瞬間がなんとも美味い!!!
そして少し水を含み和らげてから頂きます。
山形の酒で入手が難しいとのことです。機会が有りましたら是非お薦めします。

限定の酒シリアルNoが打たれております。
そしてこの景色は誰もがカメラマンになれますね。

景色に気を奪われているうちに気が付いたら研修三連発を仰せつかりました。トホホホッ・・・

左脇に有るホースリールの下の板が傷んでしまったレオの別荘?の屋根です。
燻製器の外回りはメンテ済みなので金網の傷んだものを交換しました。

レオ蔵君はほとんど別荘には行かずに本宅で寛いでますので別荘は私の物置と化しています。
綺麗にすると気持ちが良いですね。^^;



久しぶりの燻製で開始時刻は2時半ごろです。パワーコントローラを付けて電気コンロのチップにスイッチONです。

出来上がりは19時半ごろです。
月明かりがが綺麗だった先日の暖かかった晩です。
温度管理は35℃~50℃前後で所要時間5時間ほどでの完成です。


いぶりがっこの沢庵とチーズの燻製で深みのある仕上がりとなりました。
手元に残るのは僅かでみなさんに好評でした。じっくりと燻製するのがコツですね。
おおおっっっ!!!実に懐かしい元気な山泊まり釣行のころ(笑)

山で風呂に入ろうなどといつもいつも元気なことを試みていましたね。今はもう駄目です(笑)

流木に石組みをして即席の湯船を作り後はひたすら焚火で湯を沸かして入れるだけ。
やや熱めの状態で入ってちょうどいい冷めたら湯を足す・・・
何が楽しいのか・・・空を眺めて・美味しい魚を食べて酒を呑み・星を眺めて湯に浸かりのんびりと過ごす。
何をしたかったのでしょうかね(笑)
月日の流れが早いと感じるようになったら一人前です。(^_^;)
あっという間に残り11ヶ月です。
久しぶりに残ったお餅を揚げせんべいにしました。
拘りの沖縄の塩で頂きます。


美味しいですね。残す月日を穏やかに過ごせますように祈願して正月の最終日に頂きます。

少々不格好ですが・・・(笑)



ハックルさんの技に習いながら少しづつ進歩しています。

巻く楽しさが深まりそうです。
仕事で少々遅れましたが厄明けのお礼を兼ねてお参りです。


厄除け堂にお礼にお参りです。
天気も良く暖かい日差しでの初詣となりました。



一段落したのか人は想像よりも少なかったです。本堂の護摩焚きで祈願しておみくじは吉と一安心(笑)
今年も穏やかに過ごせる年となりますこと祈願して参りました。
BGM
心安らぐ「Esperanza」のピアノ曲です。 自分と向き合いたいときに是非再生してください。 安らぎを貴方にお届け出来ると信じております。
テンカラ 釣師の技に会える匠リスト
ブログランキングに登場していない「匠技」は当サイトのリンクをどうぞ
最新コメント
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/28)
(05/25)
(05/22)
(05/22)
カウンター
maboroshilogo01

English Version

当ブログはリンク フリーです
テンカラ釣りと蕎麦ぶちの相互link募集
コメントにてご一報をお願います
当ブログ内の上記バナー以外の画像無断転載はご遠慮下さい
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]