忍者ブログ
幻の渓流師&レオ(ラブラドール)のたわごと 体力ダウン&メタボで渓流にてあまり見かけなくなってしまい「幻の渓流師」なるニックネーム。その気満々でヤマメ・岩魚をテンカラ中心に渓流釣りを楽しんでおります。愛犬レオとの楽しい日常を自己満足でUPしています。
ついつい手の届く価格に思わずポチってしまいました。
竹の和竿、渓流の竹竿を手にしたのは初めてです。昔にヘラの和竿を駄目にしてしまったことがあるのですが諦めきれずに購入(笑)
プレミア価格のように高額ではなく庶民的でリズナブルな価格でしたので嬉しいです。眺めるだけですけど・・・^^;
正雲竹の作品で川口和竿職人数人の内のお一人、残念ながら数年前に亡くなったとのことです。
予備の竿先も付属しておりました。


どうもこの歳になると懐かしい品物や古き良き物に魅力を感じます。
当然道具ですから技術の進歩に最新のカーボンなどが良いのかもしれませんが・・・
手にして感じる満足感は一味違います。グラスやカーボンの初期の竿も懐かしい品が何本かあります。結局欲張りなのでしょうね。(笑)

人の手で一本一本作られているのが人を惹きつけるのでしょう。
貧乏性、一尾山女魚を釣りたいし使いたくないし・・・(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは
渓流用和竿ついに手に入れられましたね♪
私も秩父の竿師が作った渓流の和竿を一本持っています。
新素材の軽い竿とは比べようがないですが渓魚を掛けてみると魚が浮いて来るのが早いですね♪
和竿は使われて痛んでも本望なのです。
是非光と風と沢水を味あわせて上げて下さいな♪
おめでとうございました。
山女魚 URL 2019/04/17(Wed)20:09:26 編集
山女魚さんへ
こんばんは
山女魚さんの手作り竿の色に誘われて更に思考は現実化すると信じておりましたら自分にポチれと・・・(笑)
何なのでしょうね、手にして竿を伸ばし目の前は既に早春の沢へ・・・軽く振り込んでいくと不思議な軽さに胸躍り山女魚の走る姿が目に浮かびました。
人との出会いも道具との出会いもみな縁なのですね。
流石、山女魚さんの一押し、山女魚竿として生まれたこの竿に山女魚とで合わせてあげたい思います。
道具は使ってこそ道具ですね。
素敵な山女魚の感触を竿先に伝えてあげます。
ありがとうございます。(^_^)/
幻の渓流師幻の渓流師 2019/04/17(Wed)20:51:45 編集
無題
おはようございます。
今は釣り具の進歩はすさまじいですね、特に竿はカタログなど見ますと軽量化が進んでお値段もスバラシイ、しかし、5年も経つと部品の補充が効かないし、何とも寂しい限りです、刀も本来は切れればいいのですが、なぜかそれでは満足しない何かがあります、私は、釣りは単なる魚をゲットする遊びでは無いと思っていて、先人たちの拘りやロマンを楽しむのはとても良い事だと思っています。
ハックル70 2019/04/18(Thu)07:09:57 編集
ハックルさんへ
こんにちは
趣味の道具は不思議ですね。お気に入りの一品を求め続けるそれが単に機能だけではない何かなのです。
昨今の竿は科学的な機能の裏付けがあり素晴らしく+価格も凄いですしね・・・^^;
おっしゃる通り [先人たちの拘りやロマンを楽しむ] が一番心地よいです。
釣るも良し眺めるも良しと手にして味わえるものの奥行きと深さが尽きないですね。
長く付き合っていきたいです。
ありがとうございます。(^_^)/
幻の渓流師 2019/04/18(Thu)11:31:04 編集
憧れの和竿
こんばんは。
おぉー、素晴らしいものを手に入れましたね。
竿袋に45と書かれているから4.5mなんでしょうか。
色合いと艶がたまりませんね。この竿でヤマメを釣ったら最高でしょう!
私は今のところ竹の竿は持っていませんが、竹という素材にはとても魅力を感じています。今年中には(と言っても渓流シーズンに入ってしまったので、禁漁後〜来春?)竹でマブナ竿を作りたいと思っています。
フライやテンカラも最終的には竹竿を使ってみたいです(^_^)

リコプテラ URL 2019/04/19(Fri)00:28:22 編集
無題
おはようございます。
なかなか貫禄のある竿ですね。
こんなんで釣った一匹は格別でしょう。
この竿を見ていると、不思議と渓の景色が重なりますね。
マンボウ 2019/04/19(Fri)07:31:35 編集
無題
風格のある竿ですね
和竿は持って居るだけでも
気持ちよいでしょう
私も2本ありますが使ってません
釣りお爺 2019/04/19(Fri)22:46:12 編集
リコブテラさんへ
この昔ながらの竿を眺めていると先人の沢釣りへと誘ってくれる、そんな不思議な魅力がありますね。
和竿は高価なのでもう手にすることは無いと思っていたのですが不思議な縁があったようで手にすることに恵まれました。
不思議に軽いのです。
マブナ竿の手作りとは凄い、和竿作りは難しでしょうね。
布袋竹の一本ものならなんとか自分も出来そうですがそれは昔の管理釣り場ですね(笑)
竹の魅力あります。魚籠もそうですが同様に魅力ありますね。
幻の渓流師 2019/04/19(Fri)23:56:08 編集
マンボウさんへ
見た目以上に軽く出来てます。
根の部分も握りに施してあるので貫禄があるように見えるようです。
久しぶりの竹竿なので正直掛かったら怖い気がします。(笑)
それだけカーボンになれてしまっているのですね。
実際に山女魚を取り込んだら大きく深呼吸して空を仰ぐ気がします。^^;
幻の渓流師 2019/04/20(Sat)00:01:39 編集
釣りお爺さんへ
この和竿は握りに特徴があり自然の風合いが特に感じられるので風格が備わって見えるのでしょうね。
眺めているだけでも心地よい・・・と不思議な感覚です。
とても普段使い出来ないですね。^^;
握るだけで先人の心が伝わってきます。
幻の渓流師 2019/04/20(Sat)00:09:28 編集
BGM
心安らぐピアノ曲です。 自分と向き合いたいときに是非再生してください。 安らぎを貴方にお届け出来ると信じております。
テンカラ 釣師の技に会える匠リスト
ブログランキングに登場していない「匠技」は当サイトのリンクをどうぞ
最新コメント
maboroshilogo01

English Version

当ブログはリンク フリーです
テンカラ釣りと蕎麦ぶちの相互link募集
コメントにてご一報をお願います
当ブログ内の上記バナー以外の画像無断転載はご遠慮下さい
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]